優秀な人材を集めたい企業必見!採用サイト制作のメリットと作り方を解説

優秀な人材を集めたい企業必見!採用サイト制作のメリットと作り方を解説
Pocket

より質の高い人材を獲得するためには、求人広告のみに頼るのではなく、採用サイトの構築を行うのが効果的です。ただ、採用サイトの具体的な作成方法やメリットなどについてはよくわからず、行動に出るまでには至っていない企業のWEB担当者もいるのではないでしょうか。そこで、本記事では採用サイトの概要について、メリットや作成時のポイントなども含めて詳しく解説します。

 

1.どのような種類がある?採用サイトの概要

採用サイトは、求職者に対して企業の採用情報の詳細を伝えるのが役割です。そのため、上手に活用すれば、あらかじめ会社のことを理解し、共感している人材を集めることができます。採用サイトといっても様々な種類があり、例えば「新卒採用サイト」「中途採用サイト」「インターン募集サイト」など様々です。

2.採用広告よりも求人効率がアップ!採用サイト制作のメリット

採用サイトの制作には、求人広告にはない様々なメリットがあることが特徴です。ここからは、代表的なメリットを3つ紹介します。

2-1.自由なコンテンツで募集が可能

採用サイトであれば、自由なコンテンツのため、文字数や画像数などの制限に縛られないことがメリットです。求人広告の場合、自社以外にも様々な企業の求人情報が並んでいるため、文字数や写真の掲載に関しては数に制限があります。掲載内容の自由度が高くなることで、より一層詳細に企業情報をアピールできるようになるでしょう。また、企業側が求職者に対して伝えたい情報についても、すべて掲載できるので採用時に「自社には合わない人材」のようにミスマッチを減らすことも期待できます。さらに、目を引くようなデザインやオリジナルデザインなどで競合他社との差別化を図り、応募者の増加につなげることが可能です。

2-2.採用コストを抑えられる

自社で採用サイトを作成していれば、コストを抑えた求人を行うことができます。掲載期間がないため、採用情報も必要な期間ずっと掲載し続けることが可能です。一方、求人広告は、掲載期間が決められているため、契約するたびに費用がかかり良い人材が集まらない場合に何度も掲載しなければなりません。場合によっては、費用がかさんでしまうケースもあるでしょう。また、自社の採用サイトであれば、求人広告で支払う必要がある採用が決まった際の成功報酬も必要ありません。

2-3.様々な媒体からアクセスを得られる

採用サイトの制作をした場合でも、サイトのみではアクセス数が伸びないケースがあります。そのようなときには、ほかのWeb広告と組み合わせたりSNSの活用をしたりする方法を採用して改善を目指すことも可能です。特に、SNSの利用者は幅広い年齢に活用されているため、求職者同士の口コミによって自社サイトの情報が広がり、閲覧者が増えることが期待できるでしょう。また、知名度が高い企業の場合はSEOの仕組みを利用することで、応募者の数を集めやすくなります。

3.お金と時間がある程度はかかる!採用サイト制作の注意点

採用サイトを制作すると様々なメリットを得ることができますが、気をつけなければならない点もあります。例えば、サイトの制作費が必要になることです。採用サイトは、自社のホームページとは別に新規サイトを立ち上げなければなりません。そのため、1ページのみ追加すれば良いわけではなく、制作会社に依頼すると、場合によっては数百万円以上の費用がかかってしまうケースもあります。採用サイトの制作の際には、コンテンツの選定やデザインの作成など様々な工程があることから時間がかかるのもネックといえるでしょう。

4.求職者目線に立つ!採用サイト制作で押さえておくべきポイント

採用サイトの制作した企業の中には、「成果が想像していたものほどではなかった」という企業も少なくありません。そのため、費用と時間をかけて制作する場合は、期待する成果を出すことができるサイトに仕上げることが重要です。それでは、成果をしっかりと上げている採用サイトはどのような工夫をしているのでしょうか。ここでは、採用サイトを制作する際の重要ポイントを3つ解説します。

4-1.ゴールと役割の明確化

採用サイトの制作をする目的は、新しい人材を雇用することですが、より成果を上げるためには、その認識だけでは不十分です。これを防ぐためには、雇用したい人材の具体的な人物像を設定しておく必要があります。なぜなら、「どのような人材を雇用したいのか」という目的によってデザインやコンテンツ、機能などを選定する必要があるからです。多くの人に採用サイトを見てもらうためには、閲覧者を「応募したい」という気持ちにする魅力がなければなりません。また、採用サイトを見れば求人を出している企業がどのような会社であるのかを理解できる状態になっている必要があります。つまり、採用サイト自体が自社の説明書のような役割になるわけです。

4-2.サイトマップとデザインの見やすさ

採用サイトは、サイトマップや見やすいデザインとなっていることが重要になります。サイトマップとは、サイト全体の構成がわかる本の目次のようなものです。サイトマップを作成する際のポイントは、必ず下書きをしてみること。下書きをすることで、サイトのページ数が過剰になったり、情報分散をしたりといった構成を防止するのに役立ちます。サイトマップを作成する際は、まず必要なキーワードを選び、どの部分に掲載するのかを決定することが大切です。例えば、採用サイトなのでTOPページ以外に企業紹介や選考基準、応募ページなどが最低限必要になります。また、会社の雰囲気を感じてもらうための方法として、社員の紹介や社員の1日、プロジェクトストーリーなどの掲載をするのも効果的です。

4-3.ツールの利用

自社でHTMLやCSSなどを書く際には、できるだけ機能性が高いテキストエディタを使用しましょう。例えば、代表的なテキストエディタとしては、サクラエディタやATOMなどが知られています。サクラエディタを使用できるのはWindowsのみですが、無料で多機能なことが魅力です。ATOMは、非常に多機能なオープンソース・テキストエディタで、世界的に人気があります。もし、オリジナルのロゴやデザインなどを自社制作、あるいは編集する場合は、PixiaやInkscapeなどがおすすめです。どちらも無料で、Pixiaは多機能ペイントツール、Inkscapeは画像作成・編集ツールとして重宝するツールといえるでしょう。

5.品質を高めたいならプロにお任せ!採用サイト制作会社の選び方

サイト作成のノウハウがない場合は、専門家に任せるほうが賢明です。しかし、サイト制作会社はたくさんあるため、どの会社に依頼するのが良いか迷ってしまう担当者も多いのではないでしょうか。サイト制作会社の選び方で注目したいのが制作実績です。「過去に作成してきたサイトにどのような企業があったか」「自社と同業界のサイト作成を手がけたことがあるか」などは最低限チェックしておきましょう。

サイト制作は、会社によってどこまで行ってくれるかは異なります。例えば、「サイトデザイン以外にも社員のインタビューを行う」「更新やメンテナンスなど運用面までサポートする」など制作会社によって様々です。また、制作会社ごとに特化している部分が異なるため、「デザインが得意」「集客力アップに強い」など依頼する会社の得意分野を見極めましょう。制作会社に制作から運用まで任せる場合、その分コストがかかってしまいます。

ただ、自社で運用するとしても、担当者が必要になるのでコストがかかる点は同じです。そのため、どちらを選択すればより効率的でコスト面を抑えることができるのかを比較する必要があります。気になる制作会社の中から、自社のニーズに合ったところを選択することが重要です。

6.100万円超えも珍しくない?採用サイト制作の費用について

採用サイトの制作にかかる費用相場は、自社制作の場合で10万円以内に収まることが多いでしょう。しかし、サイト制作会社に依頼する場合は、作成のみで約10万~150万円が相場です。また、運用やメンテナンスなども任せる場合は、月額3万~8万円程度かかることもあります。サイト制作費の主なものは、人件費となるため、自社制作のほうが費用を抑えることができる点はメリットです。自社制作の場合は、オープンソースのツールを活用することもできます。しかし、ツール内のテンプレートデザインを利用すると、自社ならではのオリジナリティは薄くなる可能性が高いでしょう。なぜなら、オープンソースのツールのため、利用している企業が多く、様々な企業でまったく同じテンプレートが使用されているからです。

採用サイト制作には、安心のデザインWEB制作依頼し放題サービスの「まるなげクン」を一部活用してみるのもおすすめ。

採用サイトの制作は、求人をする際のメリットが多いです。しかし、デザインや情報の精度の低さなどで期待通りの成果が出ないケースもあります。株式会社ケイネックスが提供する「まるなげクン」は、サイトマップやワイヤーフレームが用意できていれば、選任ディレクターが最適なデザインをアドバイスしてくれます。定額制で追加費用もなく、何度でも修正可能な点が魅力です。オプションメニューになりますがサイトマップの制作から対応も可能なので、最初から制作依頼することも可能です。自社の採用を強化してビジネスを加速させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

まるなげクン®:定額制デザイン/WEB制作依頼し放題サービス

月額5万円でDTP、WEBデザイン、バナー 、ランディングページ制作 html/cssコーディング依頼し放題 制作のリソース不足、デザイン/WEB周りの工数をもっと減らして本来の業務に集中して生産性を上げたい方へ。

 

Pocket