お客様の声

制作依頼をまるなげクンに一本化していくことで大幅な工数、コストの削減が出来るようになりました。

株式会社城戸産業 様

株式会社城戸産業

広報・販促課主任  藤田 尊士 様

どれだけ反響を集めることが出来るか

普段のお仕事内容を教えていただけますか?
広報・販促課というところで、各WEB サイトへの物件登録、施工事例やお客様の声インタビューなどの自社HP の更新、ブログ・SNSの更新 ポスティングチラシの作成、配布エリアの確定、広告予算の策定、マーケティングオートメーション(MA)での運用管理までオンライン、オフライン問わずあらゆるチャンネルを使って集客の施策を担当しています。
広報および反響の部門を担当されているとのことですが、普段お仕事する上で気をつけていることってありますか?
どれだけ反響を上げることができるか、を常に意識しています。 ただチラシを配るのではなく、このクリエイティブは何の数字を担っているのか、目指すべきゴールは何なのかを意識しています。デザイン面では、自社のターゲットに届かせるために、格好いい、おしゃれなデザインよりわかりやすいデザインを心がけています。
その中で課題に感じていた点はどういったところでしたか?
分譲地毎でチラシを制作したり、ガイドブックを制作したりとクリエイティブ関連で色々と作りたいことがあっても、限られた予算とリソースの中で回していかなければならず、限界を感じていました。

また、これまでは、制作を依頼する場合、何社かに見積を依頼して社内で稟議を通して、打ち合わせをしてという風に、タイムラグが生じてい
ました。

制作依頼は「まるなげクン」に一本化へ

では、実際に「まるなげクン」を導入してみた感想は如何でしたか?
まるなげクンの場合、基本的にデザイン費が月5万円で固定されているので、これまでのような稟議を通す必要がなく、相当工数を減らすことができるようになりました。
クリエイティブの種類も豊富で色々作っていただけるので、何社かに分けて外注に依頼していたものをどんどん「まるなげクン」に一本化していっています。そうすることで制作費もどんどん下げることが可能になり、結果50~100 万単位でコストを削減することができました。

まるなげクンの導入を検討している方へ

最後に、まるなげクンの導入を検討している方へ一言お願いします。
イメージはある程度明確に持った上で依頼されることをおすすめします。ある程度参考例を提示するとか フォントは可愛い系であるとかゴシック系であるとか、そういうイメージを事前に伝えることで早く終わらせることが出来るようになります。
案件を多く頼めることがこのサービスの良さの一つなので、 一つを早く終わらせて次の依頼をしていくことで、5万円がうまく活用できるのではないでしょうか。